エーデル土山の人材確保対策は『HIROOKA METHOD』 を基に行われています。

 

人材確保が困難な介護業界において入職待機者が続出するなど特筆すべき効果をあげています。

 

少子高齢化を乗り切るべく、スタッフの処遇、環境を徹底的に改善、向上させることで社会に安心を還元させていくモデル。

 

エーデル土山 施設長 廣岡が提唱したビジネスモデルで『定着・獲得・育成』全てを含んで『廣岡メソッド』と呼んでいる。

 

組織の規模や形態が異なっても人材確保には普遍的な法則があり、社会全体にその手法を広く提唱している。